消費者センターってどんなところ


madoguchi 地方公共団体が運営する、消費者のための相談業務を行う機関です。役所の中や、住民が立寄りやすい駅の近くの施設に入っている場合もあります。

 奥能登広域消費生活センターは、能登空港の4階にあります。

 消費生活に関する相談を電話や面談などで受けて、問題解決のためのアドバイスやあっせん(間に入って解決策を提案・交渉すること)を行うほか、消費者被害を防止するための啓発活動(無料出前講座など)も行っています。

 相談は無料です。秘密は厳守します。一人で悩まずに、お住まいの自治体消費生活センターなどを気軽にご利用下さい。

奥能登広域消費生活センター

秘密は厳守。相談は無料です。

〒929-2392

石川県輪島市三井町洲衛10部11番1

(能登空港 ターミナルビル4F)

受付時間:平日 午前9時〜午後5時
休業日:土、日曜日、祝日、
年末年始(12月29日〜1月3日)


突然家に海外から宝石が送られてきた

◇送り付け商法(ネガティブオプション)

 知らない事業者から宅配便が届いた。中を確認すると宝石のアクセサリーが入っていた。商品代金は30,000円と書いてあるが粗悪な物で注文した覚えは無く、いきなり商品を送り付けているのでお金は払いたくない。事業者に連絡を入れて送り返したほうがいいか。

【アドバイス】

 アクセサリーは送り返す義務はなく代金を支払う必要もありません。

 このように、注文していないのに一方的に商品など送り付けて代金を請求する販売方法を 「送りつけ商法」(ネガティブオプション)といいます。この場合、商品の送付があった日から14日間が過ぎれば事業者は商品の返還を請求できないことが特定商取引法で定めていますので事業者に送り返す必要はないと考えられます。